会社概要

企業理念

「だれもが安心して資産形成できる社会を創る」

2015年末時点で日本の家計金融資産は1700兆円を超えました。 これは米国に次ぐ世界第2位の規模で、3位の英国(1072兆円)と比べてもとても大きな資産を保有していることがわかります。
資産の内訳をみると、日本は預貯金が52%と過半を占めており、米国(13.7%)や英国(24.4%)と比べても預貯金に編重しているといえます。

米英国では、税制優遇などの政策により、バランスのとれたポートフォリオが実現し、 金融資産も 大きく増加しています。結果として、例えば米国では財産所得が家計所得に大きく貢献する姿が実現 (勤労所得と財産所得の比は、 米国の3:1に対して、日本では8:1)しているのです。【金融庁レポート】

日本の現状を踏まえると、年金の縮小や預金金利の低下により老後の収入はますます減少することが見込まれ、 また平均寿命の伸びによって必要老後資金は増えていくことが想定されます。 そのため、国としても「貯蓄から資産形成」をスローガンにNISAやiDeCo(個人型確定拠出年金)などの制度を整え、 株式や投資信託による長期の資産形成を促しているのです。

一方で、日本証券業協会の調査によれば、証券投資のイメージについては、 「難しい」や「なんとなく怖い」が上位を占め、まだまだ資産運用が身近なものとは言えません。 また、安心して運用を行うための課題として、「悪質な業者・営業員の排除」や「商品購入後のアフターケア」などが挙げられており、 金融機関等の販売姿勢を疑問視するような内容にもなっています。

私たちは、資産形成・資産運用に関する「わからない」「不安」が、 「わかりやすい」「安心できる」に変わっていくよう、セミナーや相談業務を通じて、 適切な金融リテラシー(知識)の啓発を行って参ります。また、「だれもが安心して資産形成できる」ように、 お客様ごとのライフプランをしっかりと確認し、目的に合わせて最適なアドバイスができるよう日々研鑽して参ります。 そして、欧米で人生に必要な3つの専門家として「弁護士」「医師」「ファイナンシャルプランナー」があげられているように、真に頼れる「お金の専門家」になりたい。そう心から願っております。

フィデューシャリー・デューティー宣言

シグマ株式会社は、「だれもが安心して資産形成できる社会を創る」を企業理念としております。この理念を実現するため、改めてここに「お客様本位の業務運営宣言」として以下の事項を宣言いたします。

1. お客様にとって最良のサービス提供をめざします

当社はファイナンシャルプランナーとして、また金融商品仲介業者として、お客様からの信頼が最も大切であると認識し、お客様の立場で発想し、最良のサービス提供をめざします。

2. お客様ごとの状況を的確に把握し、最適なプランニングを行います

お客様の状況によって必要とされる金融商品は異なります。場合によっては、金融商品を購入しないことがベストとお伝えすることもあります。お客様の現状から将来のニーズをしっかりと確認し、まずは最適な資産運用プランニングを行います。具体的には、キャッシュフロー表等を用いて現在や将来の課題を明確にし、お客様とともに運用に関する目標設定とリスク許容度の確認を行います。そして必要に応じて最良と思われる金融商品のご提案を行います。

3.独立性を重視し、金融機関の営業方針に縛られません

欧米のリテール金融の世界では、独立ファイナンシャルアドバイザー(IFA)が主流になってきています。お客様の立場で最良のご提案をするためには、会社としての独立性が重要と考えます。当社は金融商品仲介業者であり、特定の金融機関などの営業方針に縛られることはありません。そのため、当社のフィナンシャル・アドバイザー(IFA)は、金融商品をただ‘販売する’のではなく、お客様のライフプランに最良と思われる’手段‘をご提供することを信条としています。

4.「わかりにくい」資産運用についてわかりやすく説明します

当社の理念にもある「だれもが安心して資産形成できる社会」を実現するためには、資産運用における「わかりにくい」=「怖い」イメージを変えていく必要があります。しかし現状では、難しい用語や専門的な知識を要する金融商品も多々あり、お客様が誤った判断をしてしまうこともあります。当社は、お客様の疑問や躓きに気づき、お客様の知識や経験に合わせてわかりやすい言葉でご説明します。また、お客様が本来必要としていることと、保有商品や購入希望商品が異なる「ミスマッチ」にならないように専門家としてのアドバイスをこころがけます。当社はライフプランに沿った資産運用の考え方や基礎知識などを多くの方に知っていただくため、セミナー等の機会を積極的に創出します。

5. お客様のデメリットこそ明確に情報提供をします

「儲かる話」よりも損失の可能性や費用などお客様のデメリットとなる情報こそ明確にお伝えします。また、お客様にご理解いただけない複雑な商品(デリバティブ等を含む)を推奨しません。

6.お客様との利益相反について

お客様の「増やしたい」「守りたい」というお声に真摯に対応するためには、お客様との利益相反を防止することは大変重要です。当社は、だれもが安心して資産形成をするためにも、短期的な回転売買ではなく、長期保有に基づくポートフォリオ運用を推奨します。売買による手数料ではなく、お客様の資産残高に応じて一定の対価をいただくことが「利益相反」の可能性を大きく軽減できると考えております。

7. 「お客様本位の業務運営」を実現するために

お客様の大切なご資産についてのご相談をいただく専門家として、業務にかかる幅広い知識とスキルを維持するため、人材の知識・スキルの向上のための従業員研修を実施するとともに、資格取得推進を積極的に行なっております。

2017年9月13日
シグマ株式会社

名古屋本社

〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル903
■地下鉄丸の内駅すぐ
(丸の内駅エレベーター出口を出て右隣のビル)

定休日 : 土曜日・日曜日
営業時間 : 平日 9:00〜18:00
電話 : 052-212-7230
FAX : 052-212-7231

社名 シグマ株式会社
業務内容 ファイナンシャル・プランニング業
金融商品仲介業 東海財務局長(金仲)第152号
生命保険の募集に関する業務
相続・事業承継のコンサルティング業務
名古屋本社 〒460-0002
名古屋市中区丸の内2-18-22三博ビル903
TEL : 052-212-7230 FAX : 052-212-7231
代表者 代表取締役 吉田 篤
所属金融商品取引業者等 楽天証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局(金商)第195号、商品先物取引業者加入協会
日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、 日本商品先物協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会
一般社団法人日本投資顧問業協会