fbpx

FPコラム > 「高配当利回り株」の選び方と注意点④

「高配当利回り株」の選び方と注意点④


2021年1月10日

④自分が「好きな」銘柄に投資する

そもそも投資をする目的は何でしょうか。

もちろん「お金を増やす」「儲ける」という目的が大前提にあると思います。

ただ忘れてはいけないのは、会社の株を買うという事は、その会社の持ち主(オーナー)になるということです。

例えば車を買うときに、

「この車は将来値上がりしそうだから買おう」

「人気車だからとりあえず買おう」

という理由だけで購入するでしょうか。

 

おそらくいろいろな車を比較検討して、

「このデザインがかっこよくて好きだから

「トヨタが好きだから

「エンジン音が好きだから

という理由で最終的には購入を決断しているのではないでしょうか。

仮に車のことがよくわからない方でも、車自体が直感的に気に入らなければ

買わないですよね。

株式も車を買うときと同じような感覚で選んでいただくといいと思います。

「将来値上がりしそうだから買おう」

「人気ランキング上位の銘柄だから買おう」

「高配当だから買おう」

という理由だけでなく、じっくりと比較検討して

 

「良品計画、センスが良くて好き

「日本電産の永守さんのカリスマ性が魅力的

「日清食品のカップヌードルが大好きなので応援したい

 

というご自身の直感を交えて投資をしましょう。

実際に自分が愛用している商品・サービスの中に投資のヒントが隠されているかもしれません。

 

「ご自身がその会社のオーナーになりたい」

「この会社を応援したい!」

という気持ちが大事です。

自分が応援したい、魅力的な、好きな銘柄に投資しましょう。

 

高配当という理由だけで投資をしてしまうと、株価が下がってきた時にいやな気分になって売ってしまったり、嫌な気持ちになったりします。

投資とメンタルは密接な関係があります。中長期的に穏やかな気持ちで保有し続けるにあたり、ご自身のお気に入りの銘柄に投資をすることはとても大切なことです。

 

株価が一時的に下がっても、

「まあいいや、この会社には頑張ってほしい。好き!応援したい!」と思える企業に投資しましょう。

 

まとめ

 

本屋さんなどにいくと「高配当銘柄特集」などといった類の本や雑誌がたくさん出ています。

そういった本を参考に投資するのは大いに結構なことだと思います。

ただ、そこに掲載されている銘柄を鵜呑みにして買うのではなく、

今回あげた4点のポイントと照らし合わせながらご自身でよく調べて購入するようにしましょう。

 


執筆者  藤原 達彦

シグマ株式会社 執行役員
ファイナンシャルプランナー(CFP)
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

九州大学卒業後、日興コーディアル証券(現SMBC日興証券)に入社。個人富裕層、法人顧客への資産運用設計コンサルタントに従事し、営業表彰などを受賞。今まで以上にお客様視点で物事を考え、一人でも多くのお客様の役に立ちたいとの考えからシグマ株式会社に入社。丁寧なヒアリングとライフプランからお客様毎の課題を明確にし、最適な資産運用提案を心がける。

【趣味】自己啓発、四季報の読破、お酒、トレーニング・ジョギング

【座右の銘】継続は力なり

【講師実績】 名古屋証券取引所IRエキスポ2017、2018